肌荒れについてのアドバイス

乾燥肌や脂性肌のお手入れについて少し考えてみました。私も若い頃はとても乾燥肌で悩んでいたものです。特に冬になると畑と云って白く粉をふいた様なかさかさが顔のあちこちにできてとてもいやな思い出があります。

今では良い化粧品もたくさん出ているのでそんな人はあまり見かけませんが、乾燥肌はしわやシミになりやすいので要注意ですね。顔をあまり洗いすぎるのもよくはありませんが、洗顔の後のケアが大事ですね。

乾燥しないうちに化粧水やクリームを塗って肌を保護することが一番ですね。特に目の回りや口の周りは丁寧にクリームをすりこんだり
美容液をつけるといいと思います。脂性肌の人はニキビや吹き出物ができやすいですから特に洗顔を丁寧にしなければいけないと思います。

若い人で、ニキビで悩んでいる人なら化粧品店でカーマインローションと云う化粧水があるのですが薬用なので下の方に薬が沈んでいるのでよく振ってからコットン等に含ませニキビのできているところにパタパタとよくパッティングするといいですよ。

ひどい時は瓶を逆さまにしてコットンをあてしばらくそのままにしておくと薬だけがコットンについてくるのでそれをニキビの部分につけます。

数日、繰り返しているうちにきれいによくなります。私の体験でした。

洗いすぎない身体のお手入れ

肌のお手入れって普段はどうされていますか?
時代の変化によって、「正しいお手入れ」と言われる物もどんどん変わっていて、何が何だかわからなくなっちゃいますよね。

そこで、今回は、私が実践していて、一番肌にいいのを実感したお肌の手入れについて書いてみたいと思います。

まずは、洗顔について。
最近、「顔は洗いすぎない方がいい」ってよく聞きますよね。
昔は「ちゃんと洗わないとダメ」って言っていたのに……。
いったいどっちなんだよ、って思っちゃいますよね。

で、「顔を洗いすぎない洗顔」試してみました。
基本的に、朝はぬるま湯でじゃぷじゃぷと洗うだけ。
夜もそうです。洗顔料を使って洗うのは、3日に一度程度。

それを続けること2週間。
それまで、脂性でニキビがたくさん出来ていた私の肌がびっくりするぐらいきれいになりました。
おでこや鼻頭のてかりもなくなりました。
まさかここまで変わるとは思っていなかったので、驚きました。

洗顔後の手入れですが、お湯だけ洗顔のときでも、冷水で肌を引き締め化粧水をつけることだけは欠かしませんでした。

この「洗いすぎない」というのは顔以外の全身について言えることなので、これから試したいと思います。

40大になってからの悩みはエステなどで解消

40代になり、一気にお肌の老化を感じるようになってきました。特に、冬場の乾燥。夏場のシミ。もう、一度できたシミはなかなか消せないので、必死にガードしています。冬の乾燥も、きっとホルモンの減少のせいなのでしょうか。

年々、乾燥の度合いがひどく、いつも保湿液で補充しないと、粉がふいたようになってしまいます。夏は、暑いのに、ところどころ、乾燥していて、脂っぽいのにカサカサな部分があって、本当に嫌になります。若いころは、肌に自信があったので、余計にショックですよね。やはり、老化って怖いです。

でも、何か対処をしないと益々衰えていくので、最近では、ちょっと大人向けの化粧品に替えてみました。少々お値段は高くなりますが、保湿力が全然ちがいますね。もう自分の力では脂なんかでないので、高価な化粧品にたよっています。それと、エステサロンの比較サイトを見てから実際にプロにお願いして、ときどきエステにも通い始めました。さらなるツルスベ肌を手に入れるために脱毛エステにも以前は通っていました。

ミストを当ててもらいながらのエステは最高にリラックスできるし、中からも外からも綺麗になれる気がします。こんなにお金を使わないと、どんどん老化してしまいますからね。女性って大変ですよね。でも、老けたなんて思われたくないから、頑張って美容にお金をかけていますよ。