良い睡眠が肌を若返らせる

肌が美しい人って、それだけで人目を惹きますよね。

とりたてて美人でない人でも、肌がきれいで潤っている人は美しく見えます。それに健康的なイメージを与えますし、自分の手入れを怠ってないことがよくわかり好印象です。逆に肌が荒れている人は忙しいんだろうな、そんなに几帳面じゃないんだろうなというよくない印象を抱かせてしまいます。

お肌にとって一番大切なのは、睡眠です。

肌も体と同じように十分休む必要があります。わたしは早めにお風呂に入り、そのあとたっぷり保湿をして早めの睡眠をとるように心がけています。その際、乾燥しないようにマスクもしています。これが意外と効果的で、マスクの中で自分の吐息がスチームのようになり、朝起きると唇回り、鼻まわり、それにほうれい線あたりが潤っているんです。本当にお勧めです。

毎日夜10時にはできるだけベッドに入り、リラックスするように心がけています。夜更かし、暴飲暴食は肌の大敵です。それに加えてストレスも大敵だそうです。

肌を美しく保つにも、日々の努力が必要なんですね。肌が白くて美しい人は生まれつきだと思っていましたが、きっとそれだけではないんですね。わたしも日々の生活から「美肌」になれるように意識していこうと思っています。